粗大ゴミ回収の全て!道具から法律まで詳しく解説

query_builder 2024/04/27
粗大ゴミの回収について詳しく解説します。どのようなものが粗大ゴミとなるのか、どのように回収されるのか、また回収に必要な道具や法律についても触れ、粗大ゴミ回収の全てを理解するための情報を提供します。
便利屋ゆたか
ロゴ
一人ずつのニーズに応えるため、様々な要望に柔軟に対応することを大切にしています。不用品回収から家具の移動まで、幅広く対応し、迅速かつ丁寧な作業を神奈川にて心がけながら取り組んでおります。
便利屋ゆたか
住所:

〒252-0801

神奈川県藤沢市長後1961番地の1

電話番号:
080-2149-0327

粗大ゴミとは

粗大ゴミとは一体何でしょう?日常生活でよく耳にするかもしれませんが、その具体的な定義を理解していますか?

粗大ゴミの定義

粗大ゴミの定義について詳しく解説します。

粗大ゴミとは、一般的な生活ごみとは異なり、大きさや重さがある廃棄物のことを指します。具体的には、家具(ソファやテーブルなど)、家電製品(テレビや冷蔵庫など)、マットレス、自転車、ガーデニング具材(花壇の石や大きな鉢など)、大型ゴミ袋に収まらないゴミなどが粗大ゴミに該当します。

また、自治体によっては特定の廃棄物も粗大ゴミとして扱われます。例えば、建築廃材や危険物質など、処理が特別な注意を要するものは、粗大ゴミとしての取り扱いが定められています。

留意すべきは、粗大ゴミは一律ではなく、地域や自治体によって定められた基準に基づいています。そのため、粗大ゴミとなるかどうかは、持ち出す前に確認する必要があります。

粗大ゴミは一般的な生活ごみとは異なる性質を持ち、その処分方法も異なってきます。粗大ゴミの定義を正しく理解し、適切な処分方法を守ることが大切です。自治体のゴミ収集ルールや指示に従い、環境に配慮した粗大ゴミの処分を心掛けましょう。

粗大ゴミと一般ゴミの違い

粗大ゴミと一般ゴミとの違いについて取り上げます。

まず、粗大ゴミは一般の生活ごみとは異なる特徴を持っています。一般ゴミは、日常的に発生する食品くずや廃紙、プラスチック容器、缶などの小型の廃棄物を指します。一方で、粗大ゴミは大型で重い物品や特別な処理を要する廃棄物を指します。この違いにより、処分方法や回収ルールが異なっています。

一部の自治体では、一般ごみと粗大ゴミを同時に回収する場合もありますが、一般的にはゴミ収集日や処分場所が異なることが一般的です。一般ゴミは、一般的なゴミ袋に詰められて収集されますが、粗大ゴミは大型のゴミ袋や特別な段ボールなどに詰められて適切な方法で回収されます。

また、一般ゴミは定期的に回収される場合が多いのに対し、粗大ゴミは自治体の指定する回収日に限られることがあります。粗大ゴミの回収日を把握し、指定の日に出すことが重要です。違反すると罰則がある場合もありますので、自治体のガイドラインに従うことが大切です。

さらに、一般ゴミと比べて処理にコストと手間がかかるため、一部の自治体では粗大ゴミの回収に別途料金が発生することもあります。このように、粗大ゴミと一般ゴミは廃棄物の性質や処分方法、回収ルールなどが異なるため、正しい区別をすることが重要です。

粗大ゴミと一般ゴミの違いを理解し、適切な処分方法を守ることで、廃棄物の適切な管理と環境保護に貢献しましょう。自治体のルールに従い、粗大ゴミの出し方や回収日程を把握することで、スムーズなゴミ収集を実現できます。

粗大ゴミの回収方法

粗大ゴミはどのようにして回収されるのでしょうか?具体的な手順とともに、回収方法を詳しく解説します。

自治体による回収

自治体による粗大ゴミの回収方法やその流れについて説明します。

自治体は、市町村などの地方自治体が行っている粗大ゴミの回収サービスを提供しています。この回収サービスは、市町村が設定した回収日に粗大ゴミを出すことで受けることができます。

まず、回収日を確認するためには、市町村のホームページやゴミ収集カレンダーなどを参照しましょう。自治体は、一般的に回収日の一週間以上前に通知を行うことがあります。また、自治体独自のアプリや電話番号による問い合わせサービスも利用できる場合があります。確実に回収日を把握し、準備を行いましょう。

粗大ゴミを出す際は、自治体が指定した方法に従う必要があります。一般的には、粗大ゴミ専用の袋や容器に詰めて出すことが求められます。容器や袋の取得方法は、自治体によって異なるため、事前に確認しておくことが重要です。

また、一部の自治体では、粗大ゴミの回収に際して別途手数料が必要な場合があります。事前に手続きを行い、料金を支払っておく必要がありますので、自治体のガイドラインに従って手続きを進めましょう。

自治体による粗大ゴミの回収は、地域の住民にとって利便性が高いサービスです。適切に回収日を把握し、指定の方法で粗大ゴミを出すようにしましょう。自治体のゴミ収集ルールに従い、環境に配慮した粗大ゴミの処分を行いましょう。

民間企業による回収

民間のゴミ回収業者が粗大ゴミを回収する方法について説明します。

一部の地域では、自治体の回収サービスとは別に、民間のゴミ回収業者が粗大ゴミの回収を行っています。こちらのサービスを利用する場合は、事前に業者を選定し、手続きを行う必要があります。

まず、回収業者を選ぶ際には信頼性や料金、サービス範囲を比較検討しましょう。インターネットや電話帳、口コミなどを参考にすると良いでしょう。また、民間業者の利用にあたっては、自治体のガイドラインや法律に従っているか確認することも重要です。

民間業者は、自宅までの直接回収や事前に指定された場所への持ち込みなど、様々な回収方法を提供しています。回収方法や料金体系については業者によって異なるため、事前に確認することが必要です。

また、民間業者による回収では、自治体の指定するゴミ袋や容器に詰める必要がない場合があります。ただし、民間業者のルールに従う必要がありますので、事前に説明を受けて要領を把握しましょう。

民間業者による粗大ゴミの回収は、自治体の回収日に限らず、利用者の都合に合わせた柔軟な対応が期待できます。ただし、料金やサービス範囲に制約がある場合もありますので、事前に契約内容を確認しましょう。

民間企業による粗大ゴミの回収は、自治体の回収サービスとは異なる選択肢として考えられます。地域の状況や利用者のニーズに応じて、適切なゴミ回収業者を選んで利用しましょう。

粗大ゴミ回収に必要な道具

粗大ゴミの回収には一体どのような道具が必要なのでしょうか?適切な道具の選び方とその使用方法について解説します。

大型のゴミ袋

粗大ゴミの回収に必要な道具の一つ、大型のゴミ袋について解説します。

大型のゴミ袋は、粗大ゴミを収納し、回収時に保護したり整理したりするために使われます。一般的には、強靭な素材(ポリプロピレンやポリエチレンなど)で作られており、耐久性があります。また、透明や半透明などのバリエーションもあり、中身が見えるタイプが多いです。

大型のゴミ袋の選び方にはいくつかのポイントがあります。まず、耐久性が重要です。粗大ゴミは重いものや鋭利なものが含まれることがありますので、強度のあるゴミ袋を選びましょう。また、容量も考慮する必要があります。ゴミの量や大きさに応じて適切な容量を選ぶことで、ゴミ袋の破れや漏れを防ぐことができます。

大型のゴミ袋の使用方法には注意が必要です。まず、粗大ゴミを詰める際には、ゴミ袋の底部に丈夫な底板や段ボールを敷くと良いでしょう。これによって、ゴミ袋の底部の耐久性が向上し、ゴミが漏れるリスクを軽減することができます。

さらに、ゴミ袋には注意書きや使用上の注意事項が記載されている場合がありますので、必ず確認しましょう。特に、自治体のルールや指示に従うことが求められる場合もありますので、適切に処理しましょう。

大型のゴミ袋は、粗大ゴミの回収に欠かせない道具です。耐久性や容量の適正な選択、適切な使用方法を守ることで、粗大ゴミの回収作業をより効果的かつスムーズに行うことができます。

軍手や安全靴

粗大ゴミの回収作業時には、安全を確保するために軍手や安全靴の使用が推奨されます。

まず、軍手は手の保護に役立ちます。粗大ゴミの中には鋭利なエッジや釘があることがありますので、手の怪我や切り傷を防ぐために重要です。軍手は耐久性があり、しっかりと手を保護してくれます。また、より安全性を確保するために、厚手のものや耐久性のある素材から作られた軍手を選ぶことが重要です。

安全靴は、足の保護に必要なアイテムです。粗大ゴミの回収作業では、重いものの持ち上げや移動が必要になることがあります。そのため、安全靴は足の安定性を確保し、落下や滑りによる事故を防ぐ助けとなります。また、安全靴には防滑ソールや足首のサポートの機能があり、快適な作業環境を提供してくれます。

軍手や安全靴の使用方法には、適切な装着やメンテナンスが含まれます。軍手は清潔な状態で使い、穴や破れがないかを確認しましょう。安全靴も適切な大きさであり、しっかりと履いて足を保護するようにしましょう。また、定期的な清掃やメンテナンスも重要です。

軍手や安全靴は、粗大ゴミ回収作業において作業者の安全を確保するために欠かせない道具です。手や足の怪我を防ぐため、適切な軍手や安全靴の使用を心掛けましょう。安全な作業環境を整えることで、事故や怪我のリスクを最小限に抑えることができます。

粗大ゴミ回収の法律

粗大ゴミの回収には法律が関わってきます。どのような法律が関与し、どのように遵守する必要があるのか詳しく解説します。

廃棄物管理法

粗大ゴミの回収には廃棄物管理法が関与しています。廃棄物管理法について解説します。

廃棄物管理法は、日本国内における廃棄物の適正な管理・処理を目的とした法律です。廃棄物の発生から処理までの一連のプロセスに関わる規制や運用を定めています。この法律は、廃棄物の分別やリサイクルの促進、不法投棄の防止など、環境保護の重要な基盤となっています。

廃棄物管理法に基づく粗大ゴミの処分方法は、自治体によって異なる場合があります。一般的には、自治体の指定する回収日や方法に従う必要がありますので、市町村のゴミ収集ルールをよく確認しましょう。この法律によって、粗大ゴミの適正な処分が求められています。

また、廃棄物管理法は、各自治体が出すごみ収集スケジュールやゴミの分別ルールなどにも影響を与えます。法律によって定められた基準や方法に従って、粗大ゴミの出し方や持ち出しのタイミングを守ることが大切です。

廃棄物管理法に違反した場合には、適用される罰則が存在します。不正確なゴミの分別や処理方法、不法投棄などは違法行為となり、罰金や懲役などの刑罰が科せられる可能性があります。適正な処分方法を守ることは、法律を守り、地域の美化や環境保護に貢献することにつながります。

廃棄物管理法の下、正しい粗大ゴミの処分ルールを守ることは重要です。自治体の指示に従い、法律を遵守することで、環境への負荷を最小限に抑え、持続可能な廃棄物処理を実現しましょう。

自治体の条例

各自治体は、廃棄物の適正な管理や粗大ゴミの処理に関する条例を定めています。自治体の条例について解説します。

自治体の条例は、廃棄物管理法に基づき、地域ごとの特性やニーズに応じて策定されます。条例は、粗大ゴミの回収日や出し方、分別ルール、処理方法など、具体的なガイドラインや規定を示しています。

自治体の条例によって、粗大ゴミの回収日や方法が決められています。例えば、回収日が毎週月曜日だけでなく、第1・第3水曜日など特定の曜日に限定される場合もあります。また、家具や家電製品などの粗大ゴミを出す際には、事前に市町村の指定する方法に従う必要があります。

また、自治体の条例によっては、粗大ゴミの処理に関する料金や手数料が定められることもあります。自治体ごとに異なるため、事前に料金や手続きについての情報を確認しましょう。正確な情報を把握しておくことで、不必要なトラブルや追加費用を避けることができます。

自治体の条例は、地域の美化や環境保護のために制定されています。これに従うことは、地域の共同努力として大切な役割を果たします。条例を守ることで、正しい粗大ゴミの出し方や適正な処分方法を実践し、地域の資源循環や廃棄物の減量化に貢献することができます。

各自治体の条例を遵守し、ゴミ収集ルールに従うことで、持続可能な廃棄物管理を実現しましょう。自治体のガイドラインや条例に目を通し、地域の環境保護に協力しましょう。

粗大ゴミの正しい出し方

粗大ゴミの回収をスムーズに行うためには、正しい出し方が重要です。各種ポイントを注意しながら具体的な方法について説明します。

回収日の確認

粗大ゴミの回収をスムーズに行うためには、回収日の確認が重要です。回収日の確認について詳しく解説します。

まず、粗大ゴミの回収日を確認するためには、自治体が提供する情報を利用しましょう。市町村のホームページやゴミ収集カレンダーなどは、回収日やゴミの分別方法など、詳細な情報が記載されています。これらの情報を参照することで、正確な回収日を把握することができます。

また、自治体によっては、回収日の通知を行うこともあります。一般的には、回収日の一週間以上前に通知が届くことがあります。郵送やメール、SMSなどの方法で通知される場合がありますので、必ず確認しましょう。

一部の自治体では、インターネット上で回収日を確認することができるサービスを提供しています。自治体のホームページや専用のアプリを使用して、自分の住所や地域に合わせた回収日を検索することができます。

また、自治体によっては、電話番号による問い合わせサービスを提供している場合もあります。専用の電話番号に問い合わせることで、回収日やゴミの分別方法などに関する情報を簡単に入手することができます。

正確な回収日を把握することは、粗大ゴミのスムーズな処分につながります。回収日の確認は、回収予定の数日前に行い、出し忘れや回収漏れを防ぐために重要です。自治体の提供する情報や通知手段を活用し、正確な回収日を把握しましょう。

ゴミの出し方

粗大ゴミの出し方について具体的な方法を解説します。

まず、ゴミの出し方にはいくつかのポイントがあります。まず、指定の回収日に合わせて出すことが重要です。自治体の回収日を確認し、回収日に合わせて十分な余裕を持ってゴミを出しましょう。また、回収日に早めに出すことで、回収作業がスムーズに進むため注意しましょう。

次に、ゴミの種類や量によって適切な出し方が異なります。大型の粗大ゴミは、そのまま放置するのではなく、自治体が指定した方法に従って出す必要があります。ゴミを指定の大型ゴミ袋や専用の容器に詰める場合もあれば、指定の場所に搬入する場合もあります。事前に自治体のゴミ収集ルールを確認し、指示に従いましょう。

さらに、ゴミの出し方には注意事項もあります。例えば、ゴミの分別や整理、包装などが求められる場合もあります。一般的には、ゴミ袋や容器の中身を袋や段ボールなどで包み、しっかりと縛って封じることが望ましいです。これによって、ゴミの飛散や臭いの発生を防ぐことができます。

また、粗大ゴミの出し方においては、周辺の環境や通行人に注意を払うことも重要です。ゴミを放置する場所や回収場所を選ぶ際には、通行の邪魔にならないように配慮しましょう。また、マナーを守り、ゴミを未分別で出さず、指定の方法に従って出すことが求められます。

適切なゴミの出し方は、効率的な回収作業や環境保護につながります。自治体のゴミ収集ルールを守り、ゴミの出し方や分別方法を正しく行いましょう。地域全体で持続可能な廃棄物処理を実現するために、私たち一人ひとりが責任を持って行動することが重要です。

粗大ゴミ回収のコスト

粗大ゴミの回収には費用が発生します。どの程度のコストがかかるのか、いくつかのケースを通じて具体的に説明します。

自治体による回収のコスト

自治体による粗大ゴミの回収には、一定のコストがかかります。自治体による回収のコストについて解説します。

まず、自治体が行っているゴミの回収サービスには、人件費や運搬費、処理費などの様々な費用が含まれています。大型のゴミや重いゴミの回収では、作業員が必要となります。回収車両や機械の運搬費、ゴミ処理施設への料金もかかるため、これら全ての費用をまかなう必要があります。

また、自治体によっては、回収サービスの提供が無料ではない場合もあります。一部の市町村では、粗大ゴミの回収に際して、回収料金を徴収していることがあります。これによって、ゴミ収集サービスの維持や品質の向上に資金を確保することができます。

回収のコストは、自治体ごとに異なる場合があります。地域の特性や人口密度、ゴミの発生量などが要因となります。また、ゴミの種類によってもコストが異なる場合があります。例えば、不法投棄や分別不良による問題の増加も、回収コストを増やす要因となるでしょう。

自治体は、「公共の福祉」という観点から、ゴミの回収サービスを提供しています。しかし、限られた財源を効果的に活用するためにも、効率的な運営と費用対効果を追求する必要があります。そのため、一部の自治体では、回収サービスの見直しや効率化を進めています。

私たち一人ひとりも、回収のコストに配慮し、粗大ゴミの適切な処理や分別を心掛けることが大切です。また、自治体の指示やガイドラインに従い、回収料金の支払いも忘れずに行いましょう。持続可能な回収サービスの維持には、地域全体の協力が欠かせません。

民間企業による回収のコスト

民間のゴミ回収業者による粗大ゴミの回収にも、一定のコストがかかります。民間企業による回収のコストについて解説します。

民間企業は、ゴミ回収業務を営利目的で行っています。そのため、人件費や設備の維持・修繕費、車両の燃料費など、様々な経費が発生します。これらのコストをまかなうためには、利益を上げる必要があります。

民間企業による回収サービスは、自治体のように公費に頼らず、利用者から直接料金を徴収することが一般的です。回収料金は、ゴミの量や種類、回収地域などによって異なる場合があります。料金体系や計算方法は、各企業によって異なるため、事前に確認することが重要です。

一部の自治体では、民間企業による回収サービスに対して契約を結ぶことができます。この場合、回収サービスの料金は、自治体からのサービス利用料や施設利用料とは別に発生することがあります。自治体のゴミ収集ルールと合わせて、料金体系や契約内容を把握しましょう。

民間企業が回収のコストを考慮しながらサービスを提供しているため、料金が自治体に比べて高い場合もあります。その一方で、柔軟な対応や迅速な回収が可能な場合もあります。ユーザーは、自分のニーズや予算に合わせて、民間企業のサービスを利用するかどうかを検討することが重要です。

粗大ゴミの回収のコストは、自治体と民間企業で異なる場合があります。料金体系やサービス内容を把握し、自分に合った選択をすることが重要です。正確な情報を収集し、適切な回収方法を選ぶことで、効率的かつ費用効果の高い粗大ゴミの処分が可能となります。

不法投棄の問題

粗大ゴミの不法投棄が生じる背景とその問題点について深く掘り下げます。

不法投棄の現状と背景

不法投棄の現状と背景について解説します。

不法投棄は、粗大ゴミを適切に処理せず、不適切な場所に不正に捨てる行為を指します。この問題は、現在でも多くの地域で深刻な課題となっています。

不法投棄の現状は、地域や都市ごとに異なりますが、以下のような特徴が見られます。まず、都市部や人口密集地では、不法投棄が多発しています。これは、ゴミの処分場所が限られているため、不正な手段に頼る人が多いことが一因です。また、適切な処分には時間や労力がかかることから、手間を省くために不法投棄を選ぶ人もいると言われています。

不法投棄の背景には、いくつかの要因があります。まず、処理にかかる費用が高いという問題が挙げられます。粗大ゴミの適正な処分には、自治体の回収サービスや民間企業の利用など、費用がかかる場合があります。経済的な理由から、不法投棄を選ぶ人もいるのです。

また、意識の問題も一因です。環境保護の重要性を認識していない、ルールやマナーを守らない人々が不法投棄を行うことがあります。教育や啓発活動の不足、社会的なルールの遵守意識の向上が求められています。

不法投棄は、環境に深刻な影響を及ぼします。ゴミが野生動物に与える影響や、自然環境や景観の損失などが挙げられます。また、不法投棄によって発生するゴミの処理にも負担がかかり、自治体や関係機関の負担も増大します。

不法投棄問題を解決するためには、社会的な協力と取り組みが必要です。自治体や関係機関の取り締まり強化、啓発活動の充実、ゴミ処理の効率化などが求められます。また、個人の意識改革も不可欠です。正しいゴミの処分や環境保護への意識を高め、持続可能な社会を築くために行動しましょう。

不法投棄を防ぐために

不法投棄を防ぐためには、様々な取り組みが必要です。

まず、啓発活動が重要です。地域の住民や企業、学校などを対象に、環境保護の重要性や適切なゴミの処分方法についての情報を提供することが求められます。広報活動や啓発キャンペーン、教育プログラムなどを通じて、意識を高める取り組みが必要です。

また、正しい処分の利便性も重要です。粗大ゴミの回収ルールの見直しや、廃棄物の分別を簡素化するなど、利用者が適切な方法でゴミを処分するための環境整備が必要です。適切な処分をすることが容易であれば、不法投棄行為を減らすことができます。

さらに、適正な取り締まりが求められます。自治体や関係機関は不法投棄の取り締まりを強化し、違反者に対して罰則を適用することで、不法投棄行為を抑止する必要があります。また、不法投棄の通報システムや、市民参加型のモニタリング活動なども効果的です。

地域のコミュニティ活動や地域団体の協力も重要です。ゴミの分別や処分に関する情報を共有し、意識を高める取り組みや、清掃活動やゴミ拾いのイベントなどに参加することで、地域全体での不法投棄問題の解決に向けた取り組みを行うことができます。

不法投棄を防ぐためには、行政、住民、業界、関係機関の協力と連携が必要です。意識改革、利便性の向上、取り締まりの強化、コミュニティの参加など、総合的な取り組みが不可欠です。地域全体で協力し、美しい環境を守り、持続可能な社会を築くために取り組みましょう。

粗大ゴミ回収の未来

これからの粗大ゴミ回収の未来について考えます。環境問題やテクノロジーの進歩といった観点から予測します。

環境問題と粗大ゴミ

環境問題と粗大ゴミの関係性について解説します。

粗大ゴミの適切な処理は、環境保護の重要な一環です。環境への負荷を最小限に抑えるためには、粗大ゴミの適切な管理が求められます。

まず、不適切な処理や不法投棄によって粗大ゴミが自然環境に放置されると、多くの影響が生じます。ゴミが野生動物や生態系に与える悪影響、大気や水質への負荷、景観の損失などが挙げられます。また、粗大ゴミの放置や不法投棄は、地域の美しさや住環境の質を低下させる可能性があります。

さらに、粗大ゴミは一般的に廃棄物の中でも処理に手間やコストがかかるため、適切な処理がなされずに増加すると、廃棄物処理施設の容量超過やリソースの浪費につながることも考えられます。これによって環境への負荷が増え、持続可能な廃棄物管理が困難になる可能性があります。

粗大ゴミの適切な処理は、資源の循環とリサイクルにも関連しています。粗大ゴミの中には再利用やリサイクルが可能な部品や材料が含まれていることがあります。これらの資源を有効活用することで、自然資源の節約や廃棄物の削減につながる可能性があります。

つまり、粗大ゴミの適切な処理やリサイクルは、環境問題に対する解決策の一つとなります。正しいゴミの分別や適切な廃棄方法に従い、リサイクルや再利用の取り組みにも参加することが求められます。個人や地域の意識の向上と協力によって、持続可能な環境の実現に寄与しましょう。

テクノロジーの進歩と粗大ゴミ回収

テクノロジーの進歩が、粗大ゴミ回収の効率性や環境への影響に大きな影響を与えています。テクノロジーの進歩が具体的にどのように粗大ゴミ回収に関与しているのかについて詳しく解説します。

まず、テクノロジーの進歩により、回収作業自体が効率的になっています。例えば、自動化された回収車両やクレーン、リフティング装置などの導入により、大型の粗大ゴミの取り扱いや移動が容易になりました。これにより、作業時間や人的リソースの削減、効率的な運搬や処分が可能になりました。

さらに、テクノロジーの進歩により、リサイクルや再資源化が進んでいます。例えば、粗大ゴミから有用な部品や材料を取り出してリサイクルする技術やプロセスが開発されています。これによって、廃棄物の削減や資源の有効活用に貢献し、環境への負荷を軽減することができます。

さらに、テクノロジーの進歩は、ゴミの分別や処理方法の向上にも役立っています。例えば、スマートゴミ箱やセンサー技術を活用した分別システムが導入されています。これにより、ゴミの分類を適切に行い、リサイクルやリデュースの効果を最大化することができます。

また、インターネットやモバイルテクノロジーの普及により、ゴミ収集に関する情報の共有や通知が容易になりました。自治体の回収日程やゴミの分別方法に関する情報がオンライン上で提供されており、より正確な情報を入手することができます。

テクノロジーの進歩によって、粗大ゴミの回収作業や処理方法に革新がもたらされています。効率的な回収やリサイクル、情報共有により、環境への負荷を軽減し、持続可能な廃棄物管理を実現することができます。テクノロジーの進歩を適切に活用しながら、地域全体で環境保護に取り組んでいきましょう。

便利屋ゆたか
ロゴ
一人ずつのニーズに応えるため、様々な要望に柔軟に対応することを大切にしています。不用品回収から家具の移動まで、幅広く対応し、迅速かつ丁寧な作業を神奈川にて心がけながら取り組んでおります。
便利屋ゆたか

〒252-0801

神奈川県藤沢市長後1961番地の1

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG